ゴーヤの栄養素と効果効能は?砂糖で下処理すると苦みが取れる?

夏になると夏ばてに効く!

などとよく見かけるゴーヤですが、栄養素はどんなものが含まれているのでしょうか?

砂糖を使った苦みを取る下処理の方法やゴーヤの効果効能、癌や美容にいいのか調べてみました。

ゴーヤの栄養素と効果効能は?

ゴーヤ

ゴーヤはとても栄養価の高い食材です。

しかし食べ過ぎると下痢を起こしたりしてしまうそうです。

どうやら苦み成分を取り過ぎると人によっては毒になってしまうということでした。

しかし食べ過ぎなければ大丈夫なので安心して食べてくださいね!

この苦み成分の適量摂取すると、胃の働きを活発にして消化液をだし、食べ過ぎによる胃もたれなどを緩和してくれます。

あとは、ストレスなどで傷ついた胃粘膜を保護、修復する効果があります。

他にもビタミンCはレモンの2~4倍、トマトの3~5倍含まれています。

そしてこのビタミンCは野菜の中で唯一加熱に強いという特性を持っています。

加熱してもビタミンが壊れない食材としてとても注目されています。

次に食物繊維です。

こちらはセロリの3倍含まれています。

食物繊維の中のモモルディシンという成分が多く含まれていて、腸内環境を整えるなどの効果の他にコレステロール値を低下させる効果があるそうです。

そしてなんとカルシウムは牛乳の14倍です。

老化防止や免疫力向上の効果があります。

貧血予防になる鉄分はほうれん草の2.3倍も含まれています。

ゴーヤは乾燥させたものが一番栄養価が高くなるそうです。

生ゴーヤに比べるとさらに栄養素が高くなります。

砂糖で下処理すると苦みが取れる?

ゴーヤの苦みを取る方法はいくつかあります。

その中に砂糖で揉む方法があります。

まず出来るだけうすくスライスして砂糖で揉んで15分くらい置いておきます。(スライサーを使うといいかも)

他にも塩もみする方法もあります。

しかし塩もみすると苦みがましてしまうという意見もありました。

油で炒めたり、揚げたりするという方法もありました。

しかしどの方法も確実に苦みがすべて取れるというわけではないようです。

いろいろ試してみて一番食べやすい方法を探してみてください。

ゴーヤは苦みが苦手という人も多いと思いますが、上手く料理すればその苦みも含めて美味しく食べられると思います!

妊娠中も食べれるの?

ゴーヤは体を冷やす効果があったり上記で少し触れましたが、食べ過ぎると下痢になったりすることがあるので流産しやすくなるという噂があるようですが、この噂には根拠がありません。

栄養価がとても高い食べ物なので積極的に食べたい食べ物です。

しかし食べ過ぎはよくないです。何事も適量が大事です。

ガンや肌(美容)にも効果的?

アメリカの研究センターの教授らが、ゴーヤの抽出成分には乳がん細胞の増殖を抑制するという働きがあるということを踏まえて研究をしていたところ、ゴーヤは膵がん細胞に対して、エネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制して、結果的にがん細胞を死に至らしめる働きがあるということを発見しました。

免疫系を強化して、解毒し、派の伝染病などを除去して体内をアルカリ化させ、がんと夕の代謝経路を妨害するということだそうです。

癌だけでなく糖尿病にも効くそうです。

ゴーヤは美肌効果、特にニキビに効くそうです。

清熱類といって体内の余分な熱を取り去る効果があります。

この効果がニキビや口内炎、便秘などに効果的で美肌に繋がるということでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください