メロンの栄養素や妊娠中(赤ちゃん)のアレルギーの心配は?旬はいつなの?

メロンといえば高級なイメージがありますね。

メロンの栄養素や妊娠中(あかちゃん)に食べても大丈夫なのか?アレルギーの心配は?

旬はいつなのかや美味しいメロンの選び方など、詳しく調べてみました。

メロンの栄養素と効能は?

メロン

メロンには主に温室で育てる温室メロン(マスクメロンなど)と露地メロン(プリンスメロンや夕張メロン)の2種類があり、栄養価は相当違うということです。

露地メロンはビタミンA、Cとも温室メロンに比べてとても多く含まれていて、野菜なみの栄養を誇ります。

一方、温室メロンはたんぱく質とビタミンB1に優れています。

なので取りたい栄養素に合せてメロンを選んだ方がいいですね。

メロンは温室、露地ともに主成分は果糖やブドウ糖、ショ糖などの糖質です。

これらは代謝に必要なビタミンB1の助けなしで吸収がよく、朝食に食べれば即エネルギーに変換されます。

他にはミネラルやカリウムが多く、多すぎる塩分を体の外へ排出して水分によるむくみを取る働きがあります。

そして老化を遅らせて若さを保つ効果もあります。

他にも高血圧や腎臓病の予防、食物繊維のペクチンが豊富なので便秘の改善にもなります。

夏バテなどで食欲がないときにも食欲増進や疲労回復に効果があるのでとてもオススメの食べ物です。

ただし、体を冷やす作用もあるので冷え性の人はあまり食べ過ぎないほうがいいようです。

ビタミンAなどのメロンの有効成分の多くはワタの部分に豊富に含まれています。

なるべく捨てずに丸ごと食べると良いでしょう。

妊娠中に食べても赤ちゃんには影響ない?

メロンの中には妊娠中に積極的に取りたい、葉酸が多く含まれていて妊婦さんにはおすすめの食べ物です。

つわり中などもさっぱりしていて水分が多いので食べやすい果物ではあると思います。

しかし、上記で触れましたが、食べ過ぎると体を冷やす作用があります。

妊娠中の冷えは大敵なのであまり食べ過ぎるのはよくないです。注意してください。

メロンの人気種類ランキングは?

メロンの品種で一番有名でお中元などでもらうとラッキー!と思うのはマスクメロンではないでしょうか?

マスクメロンの中でも特に美味しいのが山形県の「庄内砂丘」で作られている庄内砂丘メロンです。

安定して糖度がたかく、果肉がすっきりとしたグリーンでとても美しいメロンです。

次にリーズナブルで美味しいメロンを楽しみたい人にはアンデスメロンという品種がオススメです。

アンデスメロンの種類で一番有名なのは夕張メロンではないでしょうか?

果肉がオレンジ色で濃厚な甘みが口いっぱいに広がります。

メロン 山形県産 庄内砂丘メロン 秀品2L玉×5個(約6kg) ギフト 青肉アンデスメロン 赤肉クインシーメロン お中元 自由に選べる ポイント10倍

メロンの旬はいつなの?

メロンの旬は晩春から初夏にかけてです。

温室メロンは通年栽培されていますが、露地メロンはだいたい5月から7月頃の収穫時期が多いです。

美味しいメロンの選び方も紹介します。

まず、形は左右対称で変形していないものがいいそうです。

大きさは品種特有の大きさのものが美味しく、皮は全体的に張りがあり、株に弾力のある柔らかさがあるものでネットのある品種では全体的にまんべんなくネットが入っているものがいいです。

手に取った時にずっしりと重みがあり、メロンの香りがするものを選んでください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください